タティングの編み図

去年のハロウィンからクリスマスごろにガーランド用の三角モチーフを作っていました。え、もう春も終わりなんですか? こまったな……。
オーソドックスなモチーフですが、頂点だけをつなぐと辺がピロピロと浮いてしまうのがいやで、一直線でぴっちりつなげられるよう目数を調整しています。
ついでに六角形になるようにつないでドイリーに。頂点のリングが並んで一周すると花のようになるのがかわいくて好きです。
記録のためにInkscapeというフリーソフトで編み図も作りました。

f:id:tedtat:20180511225844j:plain:w300
f:id:tedtat:20180511225838p:plain:w300

編み図を作りたい人は結構いるのかな? と思ったので、下に参考にしたサイトなどをまとめます。
タティングは編み図がかなりシンプルなので、他に使う用がなければInkscapeで十分だと思いました。
illustratorに比べて機能が少ない分、メモリ少なめのWinのノートPCでも安定して動きますし、画像やPDFで保存できるところも、必要十分でいいですね。
ガーランド.pdf - Google ドライブ

Win版は特に困ることなくインストールしてすぐ使えたのですが、Mac版はInkscapeとは別にXQuartzというソフトをインストールしないといけないのが、ちょっとややこしかったです。
また、Mac版では言語を日本語にするとソフトが起動しなくなるため、設定をテキストエディタで書き換える必要があります。そんなに難しいことではないのですが、普段あまりこういうことをする機会がないので少しひやひやしました。
さらに、設定を直してもInkscape上では日本語の文字入力・編集ができないので、毎回一度テキストエディタに打ち込んで、それをコピー&ペーストしなければいけません。これはまあまあ手間です。

一方で、Mac版のよいところは、レイヤー内のパスなどが「Object」欄で確認できる点でしょうか。Win版ではObjectは見つけられず、レイヤー内がどうなっているのかわからず、不便だなと思いました。

f:id:tedtat:20180511225828p:plain:w300


Inkscapeを使った編み図の作り方は、こちらで細かく解説されています。

一番下の「Inkscape Diagramming Tutorial」から、それぞれの解説ページに飛べます。
英語ですがリングとかチェーンとかなので、おおよそわかると思います。
フリーのテンプレートもあるみたいなので、丸や曲線を作るのが難しければこういうのを使うのもありかもしれないです。

それではおやすみなさい……